テント倉庫プレハブとの違い

テント倉庫プレハブとの違い

ご提案するのは無柱空間の工場・倉庫です

建物幅:5.4m~11.7m×建物長:5.4m~37.8m位の小~中規模の倉庫を検討中の方。 プレハブでご検討されてますか?決めるその前にのぞいてみてください。>> 商品ラインナップ

詳しくはこちら

 

とにかくコストを安く、でも使いやすい工場・倉庫が作りたい! とお考えの方。 テント倉庫でご検討されてますか? 決めるその前にこんな方法もあります!。>> 商品ラインナップ

詳しくはこちら

 

 

im_melitflow 

NISHIMOTOSYSTEMとは

設計と生産のシステム化です。これは、コンピュータなしでは考えられない。 メーカーが作り出した計算空間の中で、更に、お客様が要求を実現するため、合理性を追求したシステム建築を、特にNISHIMOTO SYSTEMとしている

低コスト 設計と生産のシステム化による最大の成果が、プレハブ工法を越えたのではないかと云われる低コストです。
超合理化された生産システムとJAS規格を超越したビルトH主体の構造躯体により体現されているコストパフォーマンスを実感してください。
NISHIMOTO SYSTEMは、在来工法の2/3を高らかに宣言しています。
短工期 確認申請の確認後、規模に関わらず、45日間目に建て方を開始します。
短工期の確実な実行は設計と生産のシステム化による第二番目の成果です。
高品質 ロボット化された自動溶断・自動溶接・自動切削は、正確に仕事をします。
JAS規格を超えたビルトHに代表される構造体は、高品質を生み出します。
人間は勘違いをする動物ですが、設計と生産のシステム化は、99%の勘違いを排除しています。
これが高品質の原点です。
耐久性 肉薄部材(母屋・胴縁他)は、全て電気めっき処理の上に錆止めが施されています。
肉厚部材については、錆止めに仕上塗装が基本ですが、亜鉛めっきも採用できます。
屋根・壁材は、ガルバ(アルミと亜鉛の合金)処理品です。
これらが、フリーメンテナンスで、長期間の建築物の耐久性を保証します。
無柱空間 システム建築で、更に合理性を追求したNISHIMOTO SYSTEMは、原則的に、中柱を排除して、プレハブ工法との違いを強調します。
中柱が無いことで、倉庫でも、工場でも、その利便性が一気に向上します。
このことは中規模建築であっても例えば事務所の部屋割りデザインにより自由性をもたらします。
コンプライアンス 過去に、構造設計を巡って、建設業界全体の信用を失墜させるような不幸な事件が起きました。
これを契機に、建築基準法が改正され、新たな制度が構築されました。NISHIMOTO SYSTEMが採用するシステム建築は、この改正新基準により、「軽量化構造+高強度建築構法」及び「設計~施工及び品質管理技術」までの「評定」を受けた技術を採用しています。
NISHIMOTO SYSTEMは、建築基準法のみならずその周辺法律を、忠実にかつ厳格にコンプライアンスするものであることを宣言しています。

サービスに関するご質問・お見積りのご依頼は無料です。073-455-1311
施工実績一覧はこちら
無料見積相談 来場予約をしていただいた方には完成倉庫の見学会に無料でご招待いたします。